カテゴリ:育児( 3 )

言い訳三昧ですが(笑)~出産後の旦那の見方~



よく・・・
「旦那が育児を手伝ってくれない」
など耳にすることがあります。イライラする・・・と

まぁ確かに実際に手伝ってくれない旦那様もいるとは思います・・・

いやいやいや!俺は育児をしっかりやっているよ!という旦那様もいるとは思います・・・

やっているつもりになっているだけで、内心は不満を募らせている奥様も多いかもしれません・・・(笑)

まぁ感じ方は人それぞれ家庭それぞれ

さて、これから出産を控えいている奥様方、もしくは出産して退院、もしくは退院して間もないぐらいの奥様方。
ちょっとはになってくれればしいです。

一概には言えないかもしれませんが・・・

育児を手伝わないのではないのです!(言い訳ですが)
育児を手伝えないのです!(言い訳ですが)
やる気はあるんです!ただわからないんです!(言い訳ですが)

まぁ雑誌を読んで予習しろ!とか産婦人科の開催する教室に参加しろ!とか意識を高く持て!とかあるとは思いますが・・・

やはり十月十日、自分のお腹の中に実際に赤ちゃんがいる女性とそれを見ているだけの男性では違うんです(言い訳ですが)
どれくらい違うかというと・・・
正社員バイト
ぐらい(笑)

ただ・・・ただ・・・ただ・・・聞いてほしい!

やる気だけはある新人バイトなんだ・・・と(笑)

本当に申し訳ない。指示プリーズ!
やる気だけはあるのでしっかり働きます!

本当に申し訳ない。おだててください!
やる気だけはあるのでめっちゃ頑張ります!

本当に申し訳ない。少し気長に見てください!
やる気のある新人バイトなので!

同期入社なのにね・・・(笑)
本当にママは凄いと尊敬します。

こんな感じで割り切って頂けると、奥様方の気持ちが少し楽になるかも!?

少しでもイライラが収まってくれる方がいていただけたら嬉しいです。


ブログ村に参加しているので遊びに来てください!!


沖縄でのダイビングは「沖縄ダイビングサービス 潜水屋」で!!





妻が僕に抱いた感想だと思います(笑)

[PR]
by safety-stop | 2017-03-16 00:22 | 育児 | Comments(0)

遠く遠く ~夜泣き~





夜泣きをする子もいれば、ほとんどしない子もいるみたいですね。

うちは3歳の息子と9か月になる娘がいます。

娘は生後3か月まで、ほとんど夜泣きはなくグッスリ寝ていました。
3か月過ぎてから最近までは4~5回夜泣きで起きる感じです。

息子は・・・今は朝までグッスリです・・・が

産まれてから1年2カ月夜泣きです・・・(笑)今だから笑ってられる・・・
1年2か月後ではないですよ。1年2カ月ずーーーーっとです(笑)
当初は地獄のようでした(笑)

まぁこんな感じでその子によってそれぞれです。

旦那様

是非!協力してください。
協力して「あげて」じゃないですよ。協力です。

仕事で疲れて帰ってきて、次の日も仕事なのはよくわかります。
同じ立場なので。
ただ、日中、ママも育児という仕事をしています。
同じです。
よくある一般論ですが、やっぱりお互い夜泣きを協力して助け合いましょう。
時には別室で、時には外で、時には車の中で・・・
あぁ・・・懐かしい思い出たち(笑)

ここで1つ、協力すると良い点が・・・
夜泣きが終わったときに妻とのいい思い出話になります。
夜泣きの期間中も戦友のような仲間意識が生まれます。
「こーすれば寝たよ!」とか「俺はこーした!」とか「あれはきついよね~」とか


個人差はもちろんあるとは思いますが・・・
夜泣きの過ごし方です。あくまで僕の・・・ですが。
もし、誰かのお役に少しでも立てればと思います。

僕は夜泣きで寝かし付けをするとき・・・
時には別室で、時には外で、時には車の中で抱っこしてを歌いました。
子守歌でもなく民謡などでもなく、ここで大切なのが、自分の好きな歌です。
僕は槇原敬之さんの「遠く遠く」が好きなので、これを子守歌に選びました。

もちろん、違う歌も歌う時もありましたが、メインは「遠く遠く」でした。
すると僕は意外と気持ちが落ち着いてそんなに苦じゃなくなりました。
(まぁある程度はしんどいと思うときは多々ありましたよ(笑))

今でも息子はCMで流れると「ねんねの歌だぁ~」って言います(笑)
覚えてるもんなんだぁ~!と感心しました(笑)

・・・ってことは寝かし付けの時の記憶が少なからずあるんですね。
余計、イライラはよくないかも!?

ちなみに娘は「どんなときも」です。


ブログ村に参加しているので遊びに来てください!!


沖縄でのダイビングは「沖縄ダイビングサービス 潜水屋」で!!

最後に・・・
出口のないトンネルのように感じると思いますが、必ず夜泣きの終わりはきます!
これを強く胸にしまっておいてください!





[PR]
by safety-stop | 2017-03-10 22:37 | 育児 | Comments(2)

潜水屋 NEWスタッフ! ~出産の立ち合いについて~

皆さん!こんばんは!

3月になりましたね。
もう2ヶ月が過ぎ去りましたね~。。。
本当に早いですね。

さて、3月に入ると小島家・長男誕生までカウントダウン・・・

と言いたいところですが!

2014年02月26日 朝05時58分に無事、産まれて来てくれました!
f0022222_22293615.jpg


「羽琉(はる)」と言います。
まだ泣くことしかできませんがよろしくお願いいたします。

母子共に健康です。


さて、これからお産が待っている方へ
個人的な感想ですが旦那様はできれば立ち会うことを僕はお勧めします。
(分娩室に入る、入らないは夫婦間でよく話し合うと良いと思います)

陣痛が始まり、夕方にはもしかしたら産まれるかもしれないということで、慶良間から帰ってきて、できるだけ早く病院へ直行

すると・・・
もうすでに修羅場でした。。。

そこから朝4時ぐらいまでマッサージ
しかも結構な強さで。
人間って10時間も連続でマッサージってできるんですね(笑)
もちろん握力はなくなりタンクが持てなくなったのは言うまでもありません(笑)
手の感覚もありません・・・上半身はボロボロです。

まぁそんなことを言いたいわけではありません。

これだけやったとしても苦しさを100で表すとしたら・・・
男性10~5ぐらい。 女性90~95ぐらいの苦しさです。

まず、そんな苦しい想いをして産んでくれることに感謝しました。
それと同時に妻への愛情がさらに深まりました。

次は確かに僕の感覚だと男は5~10とたいした苦しさではないかもしれませんが・・・
それでも共同作業には変わりはありません。
2人で一緒に大変なことを乗り越えたこの時間はきっとこれからの夫婦生活や子育てにすごく良い影響を与えると思っています。

最後に産まれてきた直後
赤ちゃんは楽して出てくるわけではありません。
赤ちゃんもすごく大変な思いをして、そして死ぬかもしれない環境の中、赤ちゃんも頑張って産まれてきます。
(詳しくは両親学級やたまごクラブ、ひよこクラブで勉強してください)
そんななか産まれてきてくれた感謝歓喜の気持ちは今でも忘れられません。

また、上記にも書いたとおり、妻の苦しみながらも頑張っている姿、そして自分も一緒に手助けした時間。

全てが混じり合い、自分の子供を初めて見たときは自然に涙が溢れ出してきました。


もちろん、仕事の関係や家庭の事情や周囲の環境で立ち会うことが難し人も多いとは思います。
立ち会えないことを否定しているわけではありません。

立ち会えるチャンスがあるのならば、是非とも奥さんが陣痛の痛みから産まれるまで一緒に助け合ってみてください。

立ち会うチャンスがあった幸運に僕は感謝します。
これからも、妻と子供を全力で守ります。


ブログ村に参加しているので遊びに来てください!!


沖縄でのダイビングは「沖縄ダイビングサービス 潜水屋」で!!


僕は羽琉を抱っこして、妻に感謝の気持ちを伝えて、病院から直接、慶良間へ旅立ちました。
ヒゲ面、涙目の汚い顔をボートの上でいじりながら祝福してくれたことは嬉しかった(笑)
[PR]
by safety-stop | 2014-03-01 22:29 | 育児 | Comments(0)